交通事故に遭った時にかかる弁護士費用の実態

財産分与や慰謝料の問題

割れたハート

不当行為の有無が重要

離婚をする時の財産の配分は原則半分ずつ分配されます。これは婚姻関係にある時に、どちらか片方にしか収入がなかったとしても変わりません。その理由は、婚姻関係にある間二人の協力で得た収入であるとされているからです。しかし結婚前に得た収入に関しては共有の資産ではない為に、平等に分配される財産とは別だと考えられます。もし離婚の原因が家庭内暴力や不倫などの不当行為だった場合は、財産分与の比率を不当行為の被害にあった側が有利になるようにする事が可能です。裁判によって財産分与の比率や慰謝料の支払い金額を決める場合もありますが、その多くは示談交渉によって決定されます。離婚時の財産分配比率や慰謝料の金額は、不当行為が行われた状況やそれによって起きた被害によっても変わってきます。もしお互いの話し合いで示談が成立しなかった場合は、裁判で判断してもらう事になります。裁判になった場合は裁判官が様々な証拠を元に、どちらに非がどの程度あって具体的な財産の分配比率や慰謝料の金額などの判決が出ます。離婚の示談交渉はあくまでお互いの同意があって成立するので、一方が納得できないと言えば不成立になります。しかし裁判で決まった事に関しては強制力があります。裁判を行うのに必ず弁護士に依頼をする義務がある訳ではありません。しかし、しっかり出張が認めれてもらえる形で証拠を集めて提示するなど素人には難しい事であるため、裁判に発展した場合は弁護士に依頼するのが得策と言えます。