交通事故に遭った時にかかる弁護士費用の実態

電卓と書類

先生に依頼しよう

東京で税理士を探す時は、事務所の得意分野とレスポンスの早さをチェックしましょう。最初に相場を知っておけば、安すぎる事務所を事前に避けることができます。料金が多少高くても、質のいい税理士を選ぶようにしましょう。

弁護士を頼る人が増加

ミニカーと人形

2つの理由

近年、交通事故に関する相談を弁護士にする人が増えています。弁護士を頼る機会は通常ですと、中々、訪れないものですが、交通事故の被害に遭った場合、弁護士程、頼りになる存在はいないものです。そのことを認識している人が増えた結果だと言えます。では、どうして弁護士が交通事故の被害に遭った際、頼りになるのかというと、より多くの慰謝料を受け取ることができるからです。慰謝料の金額は基準に則って決められていて、その基準は3つあります。その3つとは、慰謝料が低い方から自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準であり、示談を保険会社に任せれば任意保険基準の慰謝料となり、弁護士に任せれば弁護士基準となります。その金額の差は大きく、100万円以上違うこともありますから、交通事故の被害に遭った際には弁護士が頼りになるのです。もう1つ、交通事故の相談が増えた理由として考えられるのが、任意保険の特約、弁護士費用特約が普及したことです。弁護士費用は通常、まず着手金を支払い、手数料や実費等を、その都度支払い、最後に成功報酬を支払います。このように支払う項目や支払い回数が多く、トータルで多額の支払いが必要となります。従って、余程、多額の賠償金が得られない限り、弁護士に依頼するメリットはないと言えるのです。その点、弁護士費用特約を付けていれば、保険会社が弁護士費用を負担してくれます。また、弁護士費用特約を使ったとしても、支払う保険料の金額が上がるということもありませんから、弁護士費用特約を付けていれば、弁護士に相談しやすいというわけです。

男の人

必ず力になってくれます

町田市には多くの弁護士事務所が存在しており、現在増えてきている離婚における財産分与や過払い金などの問題も相談することができます。こういったトラブルを数多く手掛けてきている弁護士も多く活動しているので、必ず力になってくれるでしょう。

割れたハート

財産分与や慰謝料の問題

離婚時の財産分与は原則半分ずつ分配されますが、どちらかの扶養行為が原因の離婚の場合は分配比率が変わってきます。また不当行為に対する慰謝料を請求する事もできます。上手く示談交渉や裁判を進めるには弁護士に依頼すると良いです。